諸施策の妥結について

 本部は3月31日に「変革2027を踏まえた新たなジョブローテーションの実施について」「賃金制度等の改正について」「賃金制度等の改正について(追加)」「乗務係等への発令行為に関する緊急申し入れ」に関する議事録確認」「ライフサイクルの深度化に関する覚書」「働き方改革による働きがいの向上のための制度の見直し」に対して妥結しました。
 提案を受けて以降、会社の発展に責任をもつ労働組合として真正面から施策と向き合い「安全・安定輸送の確保」「働きがい」「安心した生活」の実現にむけて取り組みを進めてきました。特に「新たなジョブローテーション」に関する提案に対しては、この間、積み重ねてきた団体交渉を通じて「会社の発展のために」とした施策の目的に対する認識は労使で一致したものの「新たなスペシャリスト」と「新たなジョブローテーション」の選択制をはじめとした多くの要求を実現できなかった現実もあります。残された課題についても引き続き労使で議論することを確認したことなどから、3月31日に会社提案に対して妥結し、同日「中央執行委員会見解」を発しました。

0コメント

  • 1000 / 1000