春闘総決起集会中止について

 3月3日の春闘総決起集会については、コロナウイルス拡大による現状の情勢を踏まえ、全地本で中止といたします。
 この間、年休手配や声掛けなど取り組んんでいただいておりますが、ご理解をよろしくお願いいたします。申し訳ございません。 

組合員の皆さまへ
 いま、新型コロナウイルスの猛威は私たちの想像を遥かに超えて拡がり、社会や市民生活にも大きな影響を与え、日本にとどまらず世界中で人的・経済的にも悪影響を及ぼしています。2月25日に政府が出した基本方針では「ここ1〜2週間を瀬戸際」とし、各種イベントの自粛要請が出されました。感染拡大防止策としてスポーツの無観客試合の開催、さらには3月2日から全国の小中学校と高校などの臨時休校を要請するなど、日常生活にまで影響を及ぼす事態になりました。また、日増しにJR東日本社員への感染拡大も報告され、いつ社員が感染してもおかしくない状況となっています。
 中央本部として現状の社会情勢を鑑み、組合員、家族、お客さまの健康と安全を最優先課題とし、社会に責任持つ労働組合として「2020春闘総決起集会」の開催は極めて困難であると判断し中止します。
 なお、東日本ユニオンは賃上げの闘い・2020春闘を放棄した訳ではありません。これまでの闘いを糧に団結力で突破し、私たちは要求満額を勝ちとっていく決意です。今後は、2020春闘総決起集会に変わる全組合員参加の闘いを展開していきます。
 参加組合員への連絡など大変ご迷惑をおかけいたしますが、みなさんのご理解とご協力をお願いいたします。
2020年2月28日 中央執行委員長:藤本圭一

0コメント

  • 1000 / 1000