「新型コロナウイルスに関する緊急申し入れ」を提出!

 新型コロナウイルスに関しては、政府が「指定感染症」に指定したほか、厚生労働省も一般と企業にむけに相談・受診の「目安」を公表するなど、国をあげて感染防止と感染拡大防止に努めています。
 当社も公共性の高い交通機関として、多くのお客さまと接する機会がある中、社員が新型コロナウイルスに感染してしまった場合の取り扱いなど、明確にしておく必要があります。東日本ユニオンは、お客さまが安心してご利用できる鉄道とともに、働く者が健康で安心して働ける職場環境を早急につくりだすために、本部は2月20日、申第22号「新型コロナウイルスに関する申し入れ」を経営側に提出しました。

1.感染防止の観点から、鉄道輸送に直接影響の無い自己啓発等に関する研修 や会議、出張を当面の間、中止または延期すること。

2.感染の疑いのある社員の就業制限について明確にし、社員周知を図ること。

3.感染した社員の就業制限について明確にし、社員周知を図ること。

4.お客さまがご利用になる駅構内、車内における感染予防の考え方について明らかにすること。

0コメント

  • 1000 / 1000