「働き方改革による働きがい向上のための制度の見直し」について

 本部は経営側より「働き方改革による働きがい向上のための制度の見直し」について提案を受けました。
 本提案は「グループ経営ビジョン『変革2027』を実現していくため、働き方改革を力強く推進し、働きがいを高めていくことを目的として、仕事と育児・介護の両立に向けた休暇制度の充実や、フレックスタイム制の適用対象拡大などの制度改正を実施する」としています。
「育児・介護関連休暇のさらなる充実」として養育休暇、介護休暇、看護休暇の見直しや「高度プロフェッショナル制度に対応した規定整備」など、計9項目にわたる内容となっています。

0コメント

  • 1000 / 1000