本部申第15号「『駅』の変革と新たな顧客接点創り(旅行業部門の今後の方向性)に関する第三次申し入れ」の団体交渉を開催!

 本部は12月11日、申第15号「『駅』の変革と新たな顧客接点創り(旅行業部門の今後の方向性)に関する第三次申し入れ」の団体交渉を開催しました。
 団体交渉では、お客さま視点とともに現場で奮闘している組合員、社員の視点からつくりだした「旅行業商品を専門に取扱う販売窓口を設置すること」の要求実現にむけて、現状認識をはじめ、将来展望や具体的な業務内容など、さまざまな角度から議論を行いました。
経営側は「旅行業商品を専門に取扱う発売窓口を設置する考えはない」と回答しましたが、顧客接点型拠点では「発券業務を行うことを検討している」との考え方を明らかにしました。

0コメント

  • 1000 / 1000