「ワンマン運転の拡大について」の提案を受ける!

  本部は7月24日、経営側より「ワンマン運転の拡大について」の提案を団体交渉で受けました。
 実施内容(案)として、(1)路線や駅等の特徴を踏まえ、必要な技術・設備を導入し、線区・区間を限定せずワンマン運転を実施する。(2)具体的には3~6両編成と7両以上の編成に分け、それぞれの線区・区間やお客さまのご利用状況にあわせてワンマン運転に必要な設備を整備した上で実施する。(3)1~2両編成列車のワンマン運転については、従前と同様に必要な設備を整備した上で拡大していく。実施日(案)は、令和2年3月としています。
 提案を受けて、系統を越え「安全の確保」「サービス品質の維持・向上」をはじめ「設備故障時、異常時の対応」「車内の治安維持、車内秩序の維持」「営業部門における業務量の変化」など、幅広い視点から議論を開始しました。

0コメント

  • 1000 / 1000