本部申第29号「『通勤手当等の見直しについて』に関する(基本)申し入れ」の団体交渉を開催!

  本部は7月12日、申第29号「『通勤手当等の見直しについて』に関する(基本)申し入れ」の団体交渉を開催しました。団体交渉で組合側は、首都圏の通勤事情と地方の通勤事情の具体的イメージや実態を強く訴え「安全・安定輸送を担う社員の通勤による疲労削減は、通勤時間の短縮が課題である」「1時間30分以上の通勤は長いと認識している」ことを労使の共通認識としました。しかし、私たちの要求に対して経営側は「現行で妥当」との姿勢を崩しませんでした。

0コメント

  • 1000 / 1000